プログラミング

このサイトについて

「プログラマーになりたい」その願いを叶えることは意外と簡単です。

今の時代、プログラミングをしようと思えば、ほぼ無料で環境を揃えることができます。プログラミングに興味があり、自分で手を動かし勉強すれば、アプリを作ったりして楽しむことが簡単にできるようになっています。

ですから、その時点で立派な「プログラマー」になっていると私は思います

プログラマーとして働くとしたら…

一方、プログラマーとして働きたいと考えた場合は、どうでしょうか?

文系・理系問わず、俗にいう「新卒者」であれば、積極的に就職活動を行うことにより、職業プログラマーとしての生活をはじめることは、比較的容易だと思います。

しかしながら、第二新卒者や他業種からの転職と考えると、私の印象では、急に間口が狭くなってしまう感じがします

やはり未経験では無理なのか?

そんなことはありません!初めは誰でも未経験です。チャンスはいくつもあります。むしろ他業種を経験していたほうがこの業界の良さがわかるのではないかと私は思います。

このサイトでは、プログラマーという職に就きたいがどうしたら良いのか分からない、という方の助けになるよう、私の経験したこと、考えなどをコンテンツにしています。

このサイトが「プログラマーになりたい」人の助けになれば幸いです!

管理人の体験談

私が未経験からプログラマーへの第一歩を踏み出したきっかけは、リクナビNEXTへの登録でした。当然、リクナビNEXTに登録すれば、簡単にプログラマーになれるという訳ではありません。

しかし下に書いた通り、まずは、行動する事が大切です。色々なIT企業に応募し、書類選考や面接で落とされましたが、今はこうして希望を叶えました。一歩進めば、ガラリと景色が変わることもあります。

ちょっとした変化で、私と同じくきっかけを掴めるかもしれません。リクナビNEXTはこちらです。

>>リクナビNEXT

プログラマーになるために!

最も大切なこと

私もここまで順風満帆で来たわけではなく、相当回り道をしてきました。その中で、気付いた事はやはり、自ら行動を起こすことの大切さです。
(行動の大切さについては、こちらをどうぞ>>プログラマーになりたいが動けない人へ

状況が人を育てるといいます。私は、IT系の大学や専門学校を出たわけではなく、完全な未経験でしたが、なんとか職業プログラマーとして生活することができるようになりました。

これは、できなくても、その状況に飛び込むという事がどれだけ効果的かの事例だと思います。飛び込んでしまえば、あとは流されるままどこかにたどり着くはずです。たどり着く先が、自分の希望通りになるかは、その途中での努力や勉強次第だと思います。

無駄に考え過ぎない

川に飛び込んでもいないのに、流された後の心配をしている人が多くいます。でも、迷っている人の多くが、流される段階にすら達していません。

例えば、「未経験ですが、どのような言語・資格を勉強すれば、就職に有利ですか?」という質問がよくあります。この質問に対する私なりの答えは「自分が興味を持てれば、なんでもいい」です。
(詳しくはこちら>>資格を取ればプログラマーになれるのか?)

むしろ言語は知らなくても良いのではと思う位です。実際、大切なのはソフトウェアを設計する部分です。それさえしっかり身につけば、言語はそれを実現する手段に過ぎません。

職業プログラマーであれば、一生、同じ言語で過ごすことはまずないです。参加するプロジェクトによって言語が変わることはザラにあります。流れの早い業界ですから、就職先が倒産して、転職することもあるかもしれません。

ですから、働く前にそんな心配をするだけ無駄なことです

まとめると…

少し長くなりましたが、まとめると「なりたいなら、飛び込めばいい」という事です!!

とは言っても、何の準備も無く飛び込むのは、やはり不安だと思います。少しでも不安を解消でき、背中を押せるそんな情報をご提供出来ればと思います。

それでは、気になるコンテンツがありましたら、右のメニューからどうぞ!

もし、どこから見るか迷ったら、こちらからご覧ください。
>>あなたが全くのプログラマー未経験者なら

このページの先頭へ